ブログ

沖縄の宿、まだ足りない?

昨年のリゾートホテルの稼働率が8割を切り、宿泊特化型ホテルと民泊の稼働率が上がってきているという発表が最近ありましたが、なんと、沖縄の宿はまだ足りないそうです。

2018年度に新しく開場したホテルは2488軒で、前年比で19.5%増し。ホテル・旅館業が561軒の増に対し、民宿などは1890軒増。その他、住宅宿泊事業(民泊)は752軒の届け出がありました。個人で運営・管理する宿泊施設が増加傾向にあるような感じがします。

県が目標とする観光客数1200万人と、平均宿泊日数4、5日が実現したとき、一日に必要な客室数は5万6千室と予測されていますが、現在の客室数は4万9560室で、まだ足りないと認識されています。

観光業にも、年間を通してピーク時とそうでないときがあるのと、目標としている1200万人の観光客数を達成した後、その数の観光客数が継続的に沖縄を訪れるのかという課題もあります。それらをふまえると、何もかもピークに合わせるのもどうかと思いますが、まずは現実的な策として、既存のホテルの稼働率を85%ぐらいまでにもっていくこと、そして個人経営の小さな宿への宿泊を促すことが優先な気がします・・・。

☆弊社でも宿泊施設を管理しています☆
Airbnbから予約する

●最新記事●

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る