2018年の沖縄県の入域観光者数、実は1000万人超え!?

昨日、県の発表で、昨年度の沖縄県の入域観光者数が実は1000万人を超えていたと発表しました。

もともとの発表では999万人でしたが、8月下旬ごろ、ANAの2018年度7月14日~8月31日までの伊丹-石垣線の報告が漏れていたことに気づいたそうです。

昨日、正式な発表があり、2018年度の入域観光客数は、7月が1700人増の88万5800人、8月が3600人増の104万1500人で、合計5300人増の1000万4300人となりました。

8月下旬に報告漏れが判明したにも関わらず、公表が3か月も遅れたことを観光業界や議会などが苦言している状況です。

また、11月26日時点での2019年度の入域観光客数は619万9900人。昨年度の11月~3月までの合計入域観光客数が395万2400人で、今年度も観光客数は若干右肩上がりということを踏まえると、本年度も1000万人超えになりそうです。

観光客一人当たりの消費単価が低いことや、オーバーツーリズムが懸念されていますが、沖縄県の観光は今後も目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です