ブログ

  1. 8月の観光客数が前年と比べて減少

    沖縄県の文化観光スポーツ部は、26日付で1月~8月までの入域観光客数の統計を発表しました。8月は、前年と比べ、1.6%(16,700人)減の102万1200人でした。韓国の訪日自粛と香港のデモで空港が一時閉鎖がとくに影響したと発表されています。

    続きを読む
  2. 沖縄の宿、まだ足りない?

    昨年のリゾートホテルの稼働率が8割を切り、宿泊特化型ホテルと民泊の稼働率が上がってきているという発表が最近ありましたが、なんと、沖縄の宿はまだ足りないそうです。2018年度に新しく開場したホテルは2488軒で、前年比で19.5%増し。

    続きを読む
  3. 空き家活用の民泊予約サイト、CONVENIAM

    不動産業の日建開発が、新しく空き家を活用した民泊事業を展開しています。Convenient(便利)とCondominium(コンドミニアム)を掛け合わせた、CONVENIAM(コンビニアム)という名前のサイトで、沖縄県内の空き家を活用した民泊物件の予約が可能です。

    続きを読む
  4. 沖縄の集落や地域で民泊事業の理解を得るには

    観光客数が急増化しているここ数年、「オーバーツーリズム」ということばをよく耳にするようになってきました。

    続きを読む
  5. 宮古島・八重山全域でGoogleマップルート検索可能に 水牛車も…

    昨年、沖縄県観光振興課は八重山・宮古の2次交通情報をグーグルマップで今年2月ごろから検索できるようになると発表していましたが、なんと、西表島から由布島の水牛者も検索できるようになっていました。

    続きを読む
  6. 県内のリゾートホテル、稼働率8割切る

    沖縄振興開発金融公庫の9月5日付の発表で、2018年度の沖縄県内のリゾートホテルの稼働率が80%を切っていたことが分かりました。調査対象となったのは、シティホテル11軒、リゾートホテル28軒、宿泊特化型ホテル28軒の合計67軒。

    続きを読む
  7. 配車アプリ「DiDi」、沖縄でサービス提供開始

    DiDiモビリティジャパン株式会社は、8月20日から、沖縄エリアでサービス提供を開始しました。DiDiは現在、中国、オーストラリアなどの国をはじめ、南米各国にも展開しており、1000都市以上でサービスを提供しています。国内では2018年9月に大阪でサービスの提供を開始。

    続きを読む
  8. 韓国人観光客、2年4カ月ぶり減

    沖縄県は、先月27日に7月の入域観光客数を発表しました。7月の入域観光客数は、過去最高の96万3600人。下地空港の開港や、那覇空港航空路線の拡充や、大型クルーズ船の寄港回数増で国内客、外国客ともに増加した。

    続きを読む
  9. 竹富島、9月から入島税300円徴収

    年間、約50万人が訪れる竹富島。9月1日から、 全国で初となる、地域自然資産法に基づいた入島料の徴収が始まります。 法定外目的税を導入している自治体は、県内でも伊是名と伊平屋、渡嘉敷、座間味と、4村ありますが同法に基づく入島料の設定は全国でも初めてです。入島料は一人当たり300円。

    続きを読む
  10. 2019年度の入域観光客数、1030万人目標

    沖縄県は、2019年度の入域観光客数の目標を1030万人に掲げ、達成に向けて観光客に誘致に積極的に取り組んでいます。文化観光スポーツ部観光政策課の発表では、本年度、4月~7月の入域観光客数は351万8100人。各月、前年度よりも多くの観光客が沖縄県を訪れています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る