最新情報

  1. 少子化が影響?2年連続で沖縄への修学旅行減少

    県の調べによると、2年連続で沖縄に修学旅行で訪れた学校の数と人数がともに減少していることが分かりました。少子化の影響との分析をしています。東京と大阪からの修学旅行生が約9万人で、全体の約43万人のおよそ21%を占める。学校の内訳は高校が68%と、大部分を占めています。

    続きを読む
  2. 8月の観光客数が前年と比べて減少

    沖縄県の文化観光スポーツ部は、26日付で1月~8月までの入域観光客数の統計を発表しました。8月は、前年と比べ、1.6%(16,700人)減の102万1200人でした。韓国の訪日自粛と香港のデモで空港が一時閉鎖がとくに影響したと発表されています。

    続きを読む
  3. 2020年に、沖縄でツーリズムEXPO

    2020年10月に、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催される「ツーリズムEXPOジャパン」が開催されることが決定しています。

    続きを読む
  4. 宮古島・八重山全域でGoogleマップルート検索可能に 水牛車も…

    昨年、沖縄県観光振興課は八重山・宮古の2次交通情報をグーグルマップで今年2月ごろから検索できるようになると発表していましたが、なんと、西表島から由布島の水牛者も検索できるようになっていました。

    続きを読む
  5. 県内のリゾートホテル、稼働率8割切る

    沖縄振興開発金融公庫の9月5日付の発表で、2018年度の沖縄県内のリゾートホテルの稼働率が80%を切っていたことが分かりました。調査対象となったのは、シティホテル11軒、リゾートホテル28軒、宿泊特化型ホテル28軒の合計67軒。

    続きを読む
  6. 韓国人観光客、2年4カ月ぶり減

    沖縄県は、先月27日に7月の入域観光客数を発表しました。7月の入域観光客数は、過去最高の96万3600人。下地空港の開港や、那覇空港航空路線の拡充や、大型クルーズ船の寄港回数増で国内客、外国客ともに増加した。

    続きを読む
  7. 沖縄UDSとASAKAが前島に新ホテル

    10月20日付けの沖縄タイムスによると、那覇市前島に地上7階建ての新ホテルの計画が発表されたそうです。事業を行うのは、県内でリゾート運営を行う沖縄UDSと、株式会社ASAKA。実はASAKAさんは本業が不動産業で、弊社(沖縄かりゆし不動産)でも、仲介をさせていただいたことがります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る