沖縄でもSuica導入!2月3日から「ゆいレール・やんばるバス急行バス」の連携乗車券も販売開始

3月10日から交通系ICカード、「SUICA」の導入を開始すると、沖縄都市モノレールが発表しました。OKICAも引き続き利用でき、琉球新報の記事では、

SUICAと相互利用している「Kitaca」「PASMO」「manaca」「TOICA」「PiTaPa」「ICOCA」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」も利用可能とる。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1077403.html

と記載されています。

昨年10月に浦添市まで延長されたモノレール。北部地域へはまだまだ遠いですが、実は2月3日から「ゆいレール・やんばる急行バス」の連携乗車券の電子チケットの販売をしています。

チケットはスマホでも購入でき、 ある一定の条件を満たした場合、追加運賃なしでやんばる急行バスのバス停「古島駅前」からゆいレールの「古島駅」まで歩き、モノレールに乗車することが可能となります。

この取り組みは、2019年11月26日からサービスを開始した八重山MaaSで販売されており、今月末の29日まで利用できます。

詳細は、沖縄都市モノレールのHPからもご覧いただけます。
沖縄都市モノレール HP

●最新記事●

韓国の日本への渡航自粛、首里城火災、豚コレラに続き新型コロナウイルスで沖縄の観光業界に大打撃か?

沖縄の観光シーズンピーク時にあたる昨年7月ごろから始まった韓国の日本への渡航自粛に続き、10月末には首里城火災。

今年1月には沖縄で33年ぶりに豚コレラの発症確認され、それに追い打ちをかけるように1月末に中国で発生した新型コロナウイルスも先週、初めて沖縄での発症が確認され、現在は3人目の感染が確認されています。

約半年間で、沖縄の観光に打撃を与えるような事例が4つも続きました。

今、沖縄の観光はどうなっているのか?

いくつか記事を読みながら、まとめたいと思います。

まずは、琉球新報さんのこちらの記事。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1074944.html

国際通りの中国人観光客のお客さんが多いお店を何店舗かインタビューしていますが、全体的にお店に訪れるお客さんの数が少なり、通常だと売り上げが伸びる、旧正にあたる中国の「春節」時期の売り上げも例年よりは伸びていない状況にあります。

中国や香港、台湾からの観光客が多い国際通りでは、コロナウイルスの影響をかなり受けている様子が伺えます。

次は、こちらの沖縄タイムスさんの記事。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/536679

ホテルの運営にも影響が出始めています。先月から中国や、国内の団体客の旅行のキャンセルが相次いでいるそうです。また、沖縄は今月まで修学旅行シーズン。来月は卒業旅行などもありますが、閑散期の支えとなる団体旅行のキャンセルが続き、被害は数億円規模にまでなるのではないかと危惧されています。

こちらは、QABさんのニュース記事です。
https://www.qab.co.jp/news/20200213123211.html

こちらの記事では、新型コロナウイルスがどう観光に影響しているか、動画で見ることができます。約1週間前の動画ですが、レンタカー会社への影響、航空便の運休など、分かりやすく動画でまとめています。文字興しもありますので、ぜひ見てみてください。

また、県内のイベントなどもキャンセルが相次いでいる状況です。宜野湾市の福祉施設も閉館を決定しており、そのような対応が今後も増えていくことが予想されています。

クルーズ船の乗客も乗客ゼロ人といった状況や、航空会社では兆レベルの被害額になり得る会社も。為替レートも108円台だった1月31日から、今日は112円台になっています。新型コロナウイルスが多方面で経済的に影響していることが分かります。

様々な専門家による見解や対策が発表されています。

まだワクチンや詳しい情報が分かっていない新型コロナウイルス。感染力はインフルエンザのほうが強いとされていますが、WHOや大学などの研究機関による発表や、専門家の見解をベースに個人としてできる最善策を考えていくことが大切だと感じます。

韓国への輸出再開へ。宿泊施設にも予約が

日本政府が韓輸に対して輸出規制をしていたフッ化水素の輸出を、約半年ぶりに再開したことが分かりました。昨年7月以降輸出できなかったフッ化水素。12月24日に、日本政府から許可を得て、 森田化学工業が今月8日に出荷したと、今日(1月10日)に発表がありました。

1月7日に行われた韓国の大統領の新年のあいさつでは、

日本は最も近い隣国です。両国間協力関係を一層未来志向的に進化させていきます。日本が輸出規制措置を撤回するならば、両国関係がより一層早く発展していくことができるでしょう。

引用元:
https://www.fnn.jp/posts/00049663HDK/202001071242_WatanabeYasuhiro_HDK

と、日韓関係の改善の意欲を見せる内容のスピーチでした。

日韓関係の悪化で影響を受けた韓国の企業は47%というデータがあり、日本経済新聞が共同で行った調査によると、

2020年の日韓関係について「改善する」との答えが韓国で71%に達し、日本(49%)を上回った。

引用元:
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54119180X00C20A1MM8000/

と公開しています。

フッ化水素は半導体の洗浄に使用されるもので、日本の企業は高純度のフッ化水素を製造する技術に優れています。

当社でも宿泊施設に韓国人観光客の予約が入っており、韓国人観光客数の減少が改善するのではないかと見通すことができるのではないでしょうか。

今後の日韓関係の発展にも目が離せません。また、韓国人観光客が約90%減少したにも関わらず、入域観光客数が増加している沖縄。韓国人観光客数が安定した場合、観光客数はさらに増えると予測できます。

沖縄で33年ぶりに豚コレラ。暮らし・経済に影響は?

沖縄県が、昨日、うるま市の養豚所で豚コレラの感染を確認したと発表しました。合計1813頭の殺処分が決定していて、感染の拡大を最小限の抑えるため、 移動制限区域、と搬出制限区域を設けています。平成30年の内閣府のデータによると、沖縄県の豚の飼育頭数は22万5800頭です。

豚が感染した養豚場では、年末年始の期間で50頭ほどの不審死があったようですが、県への報告が1月6日と約2週間経った後で、発覚が遅れたそうです。また、近隣の養豚場で沖縄固有種のアグーにも感染が確認されました。

さて、沖縄でも発覚してしまった豚コレラ。暮らしや経済に影響はあるのでしょうか?

沖縄の食文化でほかの都道府県と大きく異なる点は、「鳴き声以外は全部食べられる」と言われているほど豚肉を多く使います。沖縄県民なら知ってるメジャーな豚肉料理といえば、

  • 沖縄そば
  • ちゃんぷるー料理
  • てびち
  • じゅーしー
  • らふてー
  • ミミガー、チラガー
  • 中身汁
  • チーイリチャー

などが挙げられますが、最近は観光客向けに沖縄そばやちゃんぷるーなどだけではなく、沖縄固有種のアグーを使ったしゃぶしゃぶや焼き肉などを扱うお店も増えています。また、料理に直接使われない部分でも、脂肪分のラードや、沖縄料理には欠かせない豚骨出汁などもあります。

今のところ目立った影響などは報告されていないものの、沖縄で豚コレラの感染が拡大した場合、不安から消費が冷え込む可能性があります。消費が冷え込むと、養豚場だけではなく、精肉店やスーパーなどにも、もちろん影響します。

そうなると、沖縄県民の暮らしだけではなく、観光客向けに事業を展開する飲食店でも、客足の減少が想定できます。需要と共有がともに減少し、近年伸びつつあった沖縄県の畜産業が低迷する可能性も否定できません。

農業や畜産業、漁業などといった第一次産業が小売店、観光業などのサービス業がメインの第三次産業に与える影響が大きいということが分かると思います。

豚コレラは、感染した豚肉を仮に食べてしまったとしても人には感染しないと言われていて、世界的にも人への感染は確認されていないとのことです。沖縄県は、感染の拡大を抑え込むため、沖縄県の養豚場を消毒する、ワクチンを接種するなどの対応を急いでいます。

他国・他都道府県と海を隔てた沖縄への感染経路は、まだ分かっていないそうです。

●最新記事●

首里城復興モデルコース発表

首里城の火災を受け、すっかり観光客が減ってしまった那覇市首里。首里城周辺のお店も、客足が少なくなっているそうですが、そんな状況を打破するために、新しく首里城復興モデルコースが発表されました。

早回りコースと、首里まちまーい(街を回る)コースが用意されています。

早回りコース

早回りコースには、30分コースと60分コースがあります。

30分コースは、首里城に点在する様々な「門」を通り、首里城杜館前売店がゴールになっており、60分コースはそれに御嶽や慶良間諸島も見える西のアザナまで回れるコースになっています。

首里まちまーいコース

首里まちまーいコースは、120分と150分コースがあります。

首里城の主要スポットを巡った後、そのまま首里の街へと出かけます。120分コースでは首里城周辺の泡盛の蔵元見学ができます。150分コースはもう少しゆっくり、金城長石畳(きんじょうちょういしだたみ)を通り、琉球王朝時代の真珠道(まだまみち)を通って売店前に到着します。

首里城公園のHPに、分かりやすくルートが掲載されていますので、ぜひご確認ください!

これを機に、首里の街をもっとたくさんの方に知ってもらえる機会になるのではないかと思います。

●最新記事●

2018年の沖縄県の入域観光者数、実は1000万人超え!?

昨日、県の発表で、昨年度の沖縄県の入域観光者数が実は1000万人を超えていたと発表しました。

もともとの発表では999万人でしたが、8月下旬ごろ、ANAの2018年度7月14日~8月31日までの伊丹-石垣線の報告が漏れていたことに気づいたそうです。

昨日、正式な発表があり、2018年度の入域観光客数は、7月が1700人増の88万5800人、8月が3600人増の104万1500人で、合計5300人増の1000万4300人となりました。

8月下旬に報告漏れが判明したにも関わらず、公表が3か月も遅れたことを観光業界や議会などが苦言している状況です。

また、11月26日時点での2019年度の入域観光客数は619万9900人。昨年度の11月~3月までの合計入域観光客数が395万2400人で、今年度も観光客数は若干右肩上がりということを踏まえると、本年度も1000万人超えになりそうです。

観光客一人当たりの消費単価が低いことや、オーバーツーリズムが懸念されていますが、沖縄県の観光は今後も目が離せません。

観光業界でも他人事じゃない、国内の豚コレラの感染拡大

昨年9月に岐阜県で家畜伝染病の「豚コレラ」の発生が確認されて以来、国内各地で感染が拡大しています。

農林水産省の調べによると、9月17日の時点で 岐阜県、愛知県、長野県、滋賀県、大阪府、三重県、福井県、埼玉県 の1府7県で豚コレラの発生が確認されているそうです。沖縄での感染はまだ確認されていません。

17日現在で、殺処分になった頭数は13万頭以上。ほとんどの被害農家が再開を望む中、再感染を恐れてなかなか再開に踏み切れない農家が多いそうです。

豚コレラは、野生のイノシシを介して家畜である豚に感染すると言われていますが、感染力・致死率ともに非常に高く、日本各地の農家が緊迫状態にあります。

アグーなどのブランドが有名な豚肉の消費地である沖縄も、まだ発生が確認されていないものの、他人事ではありません。

名護市にある「アグー村」は、県内で唯一、沖縄在来種のアグー豚と直接触れ合うことができる体験を提供するテーマパーク施設ですが、昨年9月の豚コレラ発生を受け、すぐにテーマパークを一部休止を決定。畜舎から離れた部分は開園しているものの、玄関に消毒マットレスを設置し、来場者の靴を消毒するなど、外からの感染予防を徹底しています。

沖縄県内では、アグーを含む約22万頭が飼育されています。仮に県内で感染が発生したとすれば、沖縄県の畜産業に影響するだけではなく、アグーを売りにしている飲食店やホテルのレストランにまで影響が及びます。また、各養豚場の従業員や、アグーを専門的に取り扱う各飲食店・ホテルの従業員にも影響が及ぶ可能性も少なからずあると考えられます。

観光客が多い沖縄では、ウイルスが持ち込まれる可能性が高く、ワクチン接種や、ヤマシシ(沖縄県在来のイノシシ)進入防止の柵の設置、消毒の徹底など、農家側の感染予防対策はもちろん、那覇空港では農林水産省動物検疫所が探知犬を使ってウイルスの侵入防止対策を実施しているとのことです。

観光客向けの施設だけでなく、県民の暮らし・食文化に深く根付いている豚肉。今後の豚コレラのニュースに目が離せません。

●最近記事●

弊社が管理する宿泊施設
コテージハウス龍球Airbnb予約ページ

弊社が提供する宿泊施設の清掃代行サービス
清掃代行サービス-詳細

沖縄県北部のおススメ観光スポット

観光客が日帰りでよく訪れる沖縄県北部。山原(やんばる)の名で知られている沖縄県北部地域ですが、今回はやんばるの有名な観光スポットからローカルなスポットまで、おススメのスポットを紹介し

メジャーな観光スポット

美ら海水族館(海洋博公園)

本部町にある、美ら海水族館。毎年多くの観光客や、地元客で賑わいます。そんな水族館ですが、実は、ちょっと安くで楽しめる方法があります!

美ら海水族館では、実は、イルカショー、マナティー館、うみがめ館は無料で楽しめるのです。そして、16時以降は水族館の入館料が大人料金1850円から1290円になります!費用を押さえて旅行を楽しみたい方は、イルカショーやマナティー館、うみがめ館を先に見てから16時以降に水族館内へ入館することをお勧めします!

備瀬のフクギ並木

美ら海水族館まで来たらならもうあと一歩足を運んで欲しい場所。備瀬のフクギ並木です。フクギに囲まれた昔ながらの集落で、ゆっくりと流れる時間を楽しむことができます。目の前の海からは、伊江島を望むことができ、サンセットも楽しめます!30~40分ほど軽くお散歩するのにもいいですし、2~3時間、少し長めにステイするのもまた一つの楽しみ方です。

伊江島

本部港からフェリーでわずか30分で着く、伊江島。たった30分離れただけなのに海の透明度が全然違います!中でもおすすめはGIビーチ。また、伊江島では島で栽培している小麦や落花生を使用した伊江島のオリジナル商品がいくつかあり、どれもとっても美味しいです。おススメは、伊江島のオリジナルチップス、「ケックン」。やみつきになっちゃいます!一泊するのが一番ゆっくり楽しめると思いますが、9時のフェリーで本部港を出発し、16時のフェリーで伊江島から帰ってくる日帰りコースでも楽しめます!

あいあいファーム

廃校を活用し、六次産業化を目指す複合型施設、あいあいファーム。色んな楽しみ方がありますが、中でもおススメはあいあいファーム内のレストラン、「農家の食卓」です。ビュッフェスタイルで楽しめるコーナーもあり、沖縄料理や沖縄の野菜、島野菜を楽しめます。

ローカル感あふれるお店

沖縄県の北部には、ローカル感あふれるお店が何軒もあります!今回は、沖縄の地元食材を使っているお店を2軒、紹介します

笑味の店

大宜味村にある笑味の店は、沖縄の伝統的な料理を提供しているお店です。お店がある地域で栽培されたお野菜を使って、長寿の秘訣といわれている琉球料理。味も優しく、お腹にも優しい料理を楽しむことができます

さらばんじ

西海岸と東海岸に分かれている名護市。名護市の東海岸側は、旧久志村。人口、住宅がともに集中して、開発が進んだ西海岸とは全く違う景色が広がります。沖縄の昔ながらの風習や風景がまだ残っている地域。そんな地域に、お馴染みのさらばんじ。リーズナブルすぎる値段に、ボリュームたっぷりの定食。メニューは日替わりで650円と700円があります。その時採れる野菜によってメニューが変わります。まるで、沖縄の家庭料理を楽しめるかのような食堂です。

やんばるで一泊するならここ!

今帰仁村天底にある、コテージハウス龍球は、トレーラーハウスをそのまま宿泊施設にした宿です。完全プライベート空間で、やんばるの一泊二日の旅には最適な宿です!

コテージハウス龍球

●最新記事●

宮古島・八重山全域でGoogleマップルート検索可能に 水牛車も…

昨年、沖縄県観光振興課は八重山・宮古の2次交通情報をグーグルマップで今年2月ごろから検索できるようになると発表していましたが、なんと、西表島から由布島の水牛者も検索できるようになっていました。

Googleマップは、目的地までのルートだけではなく、利用可能なバスや船舶の時間、停留所などの情報も検索することができ、観光客の利便性向上だけではなく、地元民の公共交通機関の利用促進にもつながることを期待しています。

今後は、台風などの災害時にも対応できるうなサービスへの改善も進めていくとのことです。

配車アプリのDiDiが8月20日に沖縄エリアでサービス提供を開始したばかりで、今後もどのようなテクノロジーの参入が見られるのか、目を離せません。

●最新記事●

配車アプリ「DiDi」、沖縄でサービス提供開始

DiDiモビリティジャパン株式会社は、8月20日から、沖縄エリアでサービス提供を開始しました。DiDiは現在、中国、オーストラリアなどの国をはじめ、南米各国にも展開しており、1000都市以上でサービスを提供しています。

国内では2018年9月に大阪でサービスの提供を開始。以降、東京や北海道などに展開し、沖縄エリアは国内10エリア目になります。宮古島や石垣島でも利用可能で、一部離島の除き県内ほとんどのエリアでサービスを提供しています。

AI(人工知能)を活用したサービス

利用方法はとても簡単で、アプリで行先と乗車地点を選択し、利用者に最も早く到着できるタクシーをAIが選別。ドライバー情報や位置を確認することもできます。到着後、アプリで登録したクレジットカードなどで決済可能。

また、AIを活用し、タクシーが少ないエリアにドライバーを誘導する機能もあるそうです。

「初回利用キャンペーン」と「夜間初乗り無料」

沖縄エリアでのサービス展開に伴い、DiDiアプリを登録した利用者に、3000円分のクーポンを提供するキャンペーンを実施します。8月20日~9月30日まで。

それに加え、飲酒運転防止も兼ねて8月21日~終了日未定で、20:00~1:00の注文限定で初乗りを無料にするキャンペーンも実施しています。

クーポンの利用は、アプリ内で登録したクレジットカードまたはPayPayでの支払い(アプリ決済)に限ります。

パンダ無線や丸金をはじめとする県内の20業者と提携しています。

DiDiモビリティジャパンのHPはこちらから↓
DiDiモビリティジャパン株式会社

●最新記事●