GWの旅行者最多。

天皇退位・即位に伴い、史上初の10連休となった今年のGWは、国内と海外を合わせた旅行者数が2467万人に上り、過去最多の見込みです。

中でも長期にわたって滞在するハワイや欧州が人気で、4月25日~5月5日の海外旅行者数は6.9%増の66万2千人といわれています。 今回で51回目となるJTBの調査では、 通常は1、2泊が多いものの、10連休の影響で5泊以上や複数回旅行した旅行客が多い傾向が見られました。

また、改元記念ツアーや旅行プランも発売され、国内旅行も好調の兆し。2016年の開業以来、伸び悩んでいた北海道新幹線も初めて予約数が前年を上回り、桜の季節も重なることから利用客はさらに増えると予想されています。

大型連休などの影響により、国内・海外ともにかつてない勢いを見せています。

沖縄ではこれから本格的な観光シーズン。観光客・旅行客が増えるのは経済効果があるといわれますが、地元に還元できているのかが課題となります。

二十歳を対象に無料海外ツアー

JATA(日本旅行業協会)は、まだ海外に行ったことのない二十歳の若者200名を対象に、第一回、「ハタチの一歩 -20歳 初めての海外体験プロジェクト-」を企画しています。 若者のアウトバウンド活性化に向け、観光庁が主体となり、行政や航空、旅行会社などの関連機関・企業が連携して設立した「 若者のアウトバウンド推進実行会議 」の取り組みの一環です。

旅行代金は無料で、国際観光旅客税などの諸税金、ツアー中の自由行動の食費などの一部の除き、パスポート取得費も全額支援。

募集は4月1日に開始しており、締め切りは5月31日まで。応募資格は、4月2日の時点で二十歳であり、まだ海外に行ったことがない日本国籍を所有している方。

ツアーの日程は今年10月~12月の4日~7日間。10~20名のグループに分かれ、東アジア、東南アジアの12か国から訪問先を選定し、 現地では、文化・スポーツなどの交流をはじめ、現地の若者する機会もあるということです。

詳細や、申し込みなどはこちらのWebページからご覧になれます。

https://mottokaigai.jp/event/hatachi/