「星のや」来年の春読谷で開業

国内外で、高級リゾートや旅館38施設を運営する星野リゾート。現在、読谷村儀間で建設を進めている宿泊施設の開業予定を2020年春と発表しました。

名称は「星のや沖縄」に決定し、国内外で展開している滞在型リゾート「星のや」ブランドでは8件目、 県内では2012年に開業した「星のや竹富島」に続き2件目となります。

サンゴ礁に囲まれた海が目の前にある「星のや沖縄」の建物は、「グスク」の城壁をイメージした塀に囲まれています。その「グスク」の中にはヤシやアセロラ、パパイヤなどの畑風景も広がり、沖縄らしさを感じることができる雰囲気になっています。

2階建ての客室は全部で100室。全室オーシャンフロントで、スイートルームは広さ約200㎡で、プライベートプール付き 。夕日を眺めることができるプールをはじめとしたパブリック施設も設け、「沖縄随一のラグジュアリーリゾート」を目指している。

今年の10月から予約を受け付け、宿泊料金は1泊1室8万~30万円を予定しているということです。

星野リゾートHP
https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2019/04/60975.html

併せて、こちらの記事も。
http://stay-okinawa.jp/2019/03/08/hoshinoresort-niraikanai/