ハイアットリージェンシー那覇沖縄のバー、木材ストローをPR

プラスチックゴミの関心が高まり、「脱プラスチック」への動きが盛んになっている今、ハイアットリージェンシー那覇のバーは、今月30日まで、間伐材を利用した木製ストローでオリジナルカクテルを提供し、木製ストローのPRを行う。

木製ストローの販売を手掛ける株式会社スマパノ (沖縄県国頭村辺 戸名/代表:興津世禄) は、世界環境デーでもある6月5日に商品の販売を開始。国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」にも対応する商品として、富裕層が利用する高級ホテルでの導入だけでなく、お土産品やとしての販売も期待できそうです。

また、この木製ストローには「緑の砂漠」といわれている日本の人工林を守る、という想いも込められており、国産の木を使用しています。

30本から販売しており、一本120円。注文量が多くなれば単価も落ちる仕組みです。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄で販売されているカクテルは、アルコールカクテル「ナチュラル」¥1,400(税金、サービス料別)とノンアルコールカクテル「Passion Breeze」¥1,000(税金、サービス料別)。

スパノマの木材ストローのウェブサイトも公開されています。
https://forest.creco-lab.co.jp/